カート
0

プロも認めた一級品

釜屋の松葉蟹

蟹一筋 60年。
プロを唸らせた本物を
ご自宅へお届け。

カネリョウ商店の釜屋はそのルーツは、日本有数の温泉地・城崎のプロの料理人への行商でスタートします。目が肥えた厳しい料理人をも唸らせた釜屋の蟹は、「蟹の出汁で炊く」ことで、鮮度は抜群、旨味が凝縮されています。 現在では東京の有名料亭からも指名買いされる釜屋の蟹を、皆様のご自宅へお届けします。

釜屋の蟹が選ばれる理由

旨味

釜屋にしかできない最高の食べ方、「蟹の出汁で蟹を炊く。」

鮮度

帰港が早い小型船からのみ買い付け。希少価値が高い新鮮な蟹。

歴史

蟹一筋60年。歴史と経験に裏付けられた確かな目利きと炊きの技術

産地

日本海随一の漁場、香住。良質な蟹が育つ海からの恵みをお届け。

旨味

「蟹の出汁で、蟹を炊く。」
本当に旨い蟹の食べ方

蟹の食べ方と言えば、「活きた蟹の刺身や焼きガニ」や「カニ鍋」が一般的です。特に蟹の出汁がたっぷりと出た締めは格別ですが、それだけ旨味が出てしまっているということでもあります。釜屋の蟹はあらかじめ蟹を炊いた出汁で、揚ったばかりの新鮮な蟹を炊き上げ、蟹の美味しさを十分に閉じ込めます。そうすることで、蟹の身や甲羅の中には「蟹の出汁」がぎっしり詰まり、蟹味噌が身にも回って、旨味がぎゅと濃縮された一杯に仕上がります。

鮮度

蟹は鮮度が命。
徹底的にこだわります。

蟹は特に酸化に弱く、水揚げした瞬間から劣化が始まります。だからこそ釜屋で取り扱う蟹は、水揚げしてからの帰港が早い小型船に限ります。また買い付けたその日のうちに「釜茹で」し、冷凍保存することなくお客様のもとにお届けします。もちろん人工的な添加物は一切使用していませんので「蟹」の自然の旨みを失いません。安心してお召し上がりいただけます。

歴史

厳しい目を持ったプロを相手に
60年間、蟹一筋。

祖父母は日本有数の温泉地「城崎温泉」で蟹の行商をすることから商売を始めました。城崎の料理人は、非常に厳しく、蟹の炊き加減を厳しく追及されたと聞いています。そこから60年。来る日も来る日も美味しい蟹を炊き上げることだけに費やしてきた私たちは、その蟹を大切に扱いたいという気持ちで仕事をしています。荒れ狂う冬の日本海の荒波の中を、漁師達が命がけで獲ってきた大切な蟹、ひとつひとつ丁寧に真心を込めて炊き上げてきました。

産地

良質な蟹が育つ、香住の海。
見入りと旨味が違います。

香住沖の日本海には海洋深層水がとても豊富です。蟹が美味しいところは、深層水が豊富であると、ずっと云われてきました。蟹のエサは、浮遊期(小さい頃)には海洋深層水に集まる豊富なプランクトンですが、大きくなるとこのプランクトンに集まるいろんな魚などの死骸です。常に低温ですぐには分解しないので、フレッシュなエサがいつも豊富。《海洋深層水+水温2~3℃》である香住の海は、が上質の蟹が育つ条件と言えそうです。

釜屋の蟹の種類

冬の味覚の王様

松葉蟹

山陰沖の日本海で獲れるずわいがにのオスを「松葉蟹」と称します。長い脚にぎっしりと詰まった身は弾力があり、甘みも旨味も強く食べ応えがあります。蟹の味が濃厚で、特に蟹味噌の深みある味わいは格別です。当店では、しっかりとした旨味が特徴的な松葉蟹を”蟹の出汁”で炊き上げることで、本来の自然な味わいとジューシーな食感を最大限に引き出しています。

釜屋取扱時期

知る人ぞ知るブランド蟹

香住蟹

日本海随一の漁港”香住”で水揚げされた紅ずわいがにを「香住がに」といいます。︎︎みずみずしくジューシーで甘味が強いのが特徴です。香住は漁場が近く、漁船もすぐに帰港するので鮮度が抜群です。漁期も比較的長く、松葉蟹に比べるとお値段もお手頃になっています。一度食べるとその良さに魅了される方も多く、当店の看板蟹でもあります。

釜屋取扱時期

釜屋の蟹が届くまで

水揚げ

香住の蟹は、日本海随一の漁場である兵庫県香美町香住の海で水揚げされます。小型船が多いため漁獲量は多くありません。その分帰港が早く、鮮度を保ったまま競りにかけられます。

買い付け

朝早くから、地元市場で競りが行われます。もちろん釜屋の蟹は市場から直接競り落とした新鮮な蟹。60年以上の歴史の中で培った確かな目利きで、最高級の蟹を選別します。

釜茹で

蟹は色々な食べ方で楽しめますが、一番旨味が感じられるのはボイルした蟹です。さらに釜屋の蟹は蟹の出汁が循環する特製の丸釜で、一杯一杯手作業で炊き上げるため、身全体に旨味が凝縮されます。

お届け

炊き上がった蟹は冷凍保存は一切いたしません。すぐに発送し、新鮮な蟹を産地である香住から直接お送りします。

カネリョウ商店株式会社

限りある海産資源の価値を最大化する

この地方では、限られただけの蟹しか獲れないので、大切に扱ってきました。唯の一匹も無駄にせず、一つ一つを丁寧に茹で上げ続けて磨き上げた蟹茹では、一流の料理人にも認めらえるようになりました。