カート
0

鍋用の蟹と、茹で蟹|カニ鍋と炊いた蟹の愉しみ方の違い

鍋用の蟹と、茹で蟹|カニ鍋と炊いた蟹の愉しみ方の違い

冬の愉しみ、カニ鍋

冬の松葉蟹の愉しみ方として、カニ鍋があります。鍋いっぱいに蟹の出汁がでて、美味しい鍋になりますよね。甲羅の中の蟹味噌を鍋のスープにとくと、更に濃い蟹の味が楽しめます。

一方で、実はカネリョウ商店では、新鮮で美味しい蟹をカニ鍋に使うのはおすすめしていません。鍋に蟹を入れると、蟹の旨味がスープに溶け出してしまい、蟹の身に残りません。蟹の出汁がでた良いスープになり、具材に味が沁みるのがカニ鍋のよさですが、蟹そのものはどうしても脇役になってしまいます。

蟹の味を楽しみたい場合は、ぜひ「炊いた蟹」で、松葉蟹や紅ズワイガニ本来の旨味を味わっていただきたいのです。

カネリョウ商店の釜屋で扱っている「蟹の出汁で炊いた蟹」は、選び抜いた最高品質の蟹だけを使っています。もちろん、カネリョウ商店では生の蟹、活蟹も扱っています。カニ鍋に使う場合は、多少実入りが良くない蟹を使っても十分美味しく食べることができます。食べ方によって、選ぶ蟹を変えることをお勧めしています。

 

一番いい蟹は、炊いて頂く

カネリョウ商店が炊いた蟹にこだわっているのは、蟹本来の美味しさを引き出し、味を損なわない状態でお客様に届けたいからです。蟹をしっかりと選別し、本当に一番良い蟹は炊いた蟹にしてご提供しています。

活蟹は漁獲されてから日がたつにつれて鮮度が落ちていくのに対して、新鮮なうちに炊いた蟹は鮮度が落ちづらく、蟹本来の旨味がしっかり残った状態で食べていただくことができます。そういった点でも、蟹を味わいたい方には炊いた蟹がお勧めです。

蟹の食べ方には茹で蟹、カニ鍋の他にも、刺身、焼き蟹など様々な愉しみ方があります。カネリョウ商店では、炊いた蟹から活蟹、剥き身、蟹味噌まで扱っています。お問い合わせいただく際は、是非どうやって食べたいのかをお聞かせください。蟹のプロとして、その時にある一番最適な蟹をご提供させていただきます。